MENU

マスクの着用でかぶれが出た時の原因と治し方について

スポンサーリンク

冬や空気が乾燥する季節になるとマスクを使用する機会が多くなり、付けることによって喉のケアをしたり風邪などに引きにくくなります。
ですがこれを顔に着用することによって、顔や口周りにかぶれが出来てしまうことがあります。
治し方の説明をする前に原因について紹介していくと、繊維刺激という要因が大きく関係しています。
通常マスクは通気性に優れており長時間でも着用可能となっており、使用するに至って非常に便利な道具となっています。
しかしその一方で繊維を織らずに作られている商品でもあるため、その部分が肌に刺激を与えてしまうことがあります。
これが皮膚が弱い方が長時間使用をすることによって、繊維刺激となってかぶれが発症してしまうことがあります。
なので皮膚や肌が弱い方がなりやすい症状でもあるため、長時間着用においては色々と気を付けることが大切です。

スポンサーリンク

 長時間マスクを着用することで顔にかぶれが出来てしまうことがあり、使用されている繊維が刺激を与えることが関係しています。
そこで次に具体的な治し方について説明をしていくと、最も簡単な方法としてドラックストアや薬局で薬を入手する方法となります。
一般的にステロイド薬が有効となっていますが、これは副作用が強いため注意が必要です。
そのためより安全に使用する際においては、非ステロイド薬を使っていくと副作用が発生しにくくなっています。
その中でどういった薬を使用すれば良いかわからない時には、薬剤師に確認をすることで代わりに商品選びをしてくれます。
他にもスキンケアで治すという方法もあり、洗顔と保湿を重要視することでも比較的早く完治させることが可能です。
また長時間マスクを着用しないという対策でも、かぶれが発生しにくくなるので覚えておくと便利です。

スポンサーリンク