MENU

幼児の顔や皮膚にかぶれが出来る原因と対処法について

スポンサーリンク

大人や成人に比べて幼児の皮膚はとても薄くデリケートに出来ており、綺麗な肌である一方で外部からの刺激を受けやすく点が特徴です。
そのため中には顔にかぶれが出来てしまうことがありますが、原因についてはとびひというものがあげられます。
これは虫さされや軽い切り傷などによって発生することがあり、放置しておくと水疱や水ぶくれなどが出来ることがあります。
その一環として顔の皮膚がかぶれてしまうことがあり、非常に注意が必要な症状及び病気となっています。
またこれは他人に移ってしまう症状や病気でもあるため、集団生活が多い幼児の場合には特に注意が必要です。
特にプールといった授業があるケースについては、他人に移さないように見学をするといった配慮も不可欠となります。
なので保護者が定期的に様子を確認することも、症状を悪化させずに完治させるために必要なこととなっています。

スポンサーリンク

 幼児の顔や皮膚にかぶれが出来てしまった時には治療をすることが重要ですが、同時に他人に移さないように配慮することも大切です。
一般的な治療の流れについて説明をしていくと、主に小児科を受診することによって完治させることが可能です。
大人であれば皮膚科を受診することが多いですが、幼児の場合には子供という扱いになるので小児科でも問題ないです。
もちろん皮膚科を受診しても大丈夫なので、その点については保護者の判断にゆだねられる内容となっています。
これらのクリニックでは、治療の一環として抗生物質の治療薬が処方されることが多くなっています。
通常であれば軟膏や塗り薬が中心ですが、症状が悪化した場合においては少し事情が異なります。
症状が悪化すると塗り薬だけでは完治しないことが多いので、抗生物質の点滴注射といった治療が行われることもあります。

スポンサーリンク