MENU

日焼け止めによるかぶれを防ぐには紫外線散乱剤で対処しましょう

スポンサーリンク

日に焼けないように日焼け止めを念入りに塗っていたのに、かぶれてしまったということはありませんか。
実はこれは紫外線のせいではなく、日焼け止めに原因があるのです。
通常のサンスクリーンなどは、紫外線吸収剤と界面活性剤が主に使われています。
あるいはこの2つは、どこかで見聞きしたことがあるという人もいるかもしれません。

 

紫外線吸収剤というのは、文字通り紫外線そのものを吸収し、肌の上で化学反応を起こすことによって、赤外線や熱エネルギーに変化させて放出しています。
つまり、紫外線吸収剤入りの日焼け止めをつけているということは、肌の上で常に化学反応が起こっていることを意味するので、肌の弱い人や薄い人は、これが負担になってダメージを受けてしまうこともあります。
またもう1つの界面活性剤は、手触りがなめらかになってつけやすくなりますが、反面バリア機能が落ちてしまいます。

スポンサーリンク

ですから日焼け止めでかぶれたことがある人は、できるだけこの2つの成分が入っているものは避けるようにしましょう。
ではこの場合、どのような対処方法があるのでしょうか。
それは、紫外線散乱剤入りのアイテムを使うことです。
紫外線散乱剤というのは吸収剤と違っていて、紫外線を肌の上で散らす働きをしますので、肌の上で化学反応がいつも起こるということはなく、その意味で肌に優しい日焼け止めといえます。
デメリットは白浮きしやすいということですが、最近はコーティング加工などにより、白くならない物も出て来ています。

 

またそれ以外の対処方法として、やはり紫外線対策として、日差しの強い時には日傘をさす、サングラスをかけるなどして肌を守るようにしましょう。
何もつけずにいると、今度は紫外線アレルギーでかぶれることもありますので気を付けるようにしてください。

スポンサーリンク