MENU

柔軟剤によるかぶれの原因等について

スポンサーリンク

 かぶれとは皮膚に発生する疾患の一種で、皮膚が赤く腫れたり強い痒みを感じたりする疾患になります。
この疾患が発生する原因は様々で、例えばアクセサリー等の金属が肌と触れる、うるし等の植物に触れる等が挙げられます。
他にも意外と知られていない原因の一つとして、洗濯の時に使う柔軟剤によってかぶれが引き起こされる事があります。

 

 

 柔軟剤は洗濯した衣類等をフワフワと肌触り良くしたり、衣類に良い香りを付ける等の目的で使います。
確かに使っていない衣類よりも使った衣類のほうが、手や肌に触れた時の感触は良くなります。

 

 しかし、その多くが界面活性剤を始めとする様々な成分が配合されていて、中には人の肌に影響を与える成分もあります。
加えて柔軟剤は衣類等に成分を残す事で、その効果を発揮するというのが一つの特徴です。
そのため念入りにすすぎを行なう洗剤よりも、かぶれ等の皮膚症状が発生する可能性が高くなります。

スポンサーリンク

 この原因によるかぶれは、敏感肌の人や肌が弱い赤ちゃん等に現われやすい傾向があります。
そのため敏感肌の人で、特に理由も分からず肌の痒み等が発生している場合は、一度この原因を疑ってみたほうが良いです。

 

 

 柔軟剤によって肌に腫れや痒み等が発生した場合の対処方法としては、何よりも使用を中止するのが一番です。
そうすれば時間の経過に伴って、自然と症状も改善に向かっていくと考えられます。
もしも使用を中止しても症状が改善しない時は、別の要因や重症化している可能性があるので、皮膚科を受診するのが有効です。

 

 

 そうは言っても柔軟剤の使用は、出来れば止めたくないと考える人も少なくはないはずです。
そういった場合には購入の際に、含まれている成分をきちんと確認して購入するのが望ましいと言えます。
例えば界面活性剤が配合されていない製品、クエン酸等の自然成分で出来ている製品等を選ぶのが良いです。

スポンサーリンク