MENU

制汗剤の使うことによって脇にかぶれが発生する原因について

スポンサーリンク

一般的に制汗剤という商品の使い道として汗を抑える効果があり、特に脇といった部分に使用することが多い傾向があります。
しかしこの商品は汗を抑える効果がある一方で、使用した部分のかぶれを引き起こしやすい点が注意事項となっています。
具体的な理由について説明していくと、市販されている制汗剤には防腐剤や冷却材といった薬剤が使用されています。
こういった薬剤が脇などの皮膚の部分に触れることによって、確かに冷たさについては感じることが出来ます。
しかし同時に皮膚に強い刺激を与えることにつながるため、結果的に使用することで素肌がかぶれてしまうこともあります。
こういった成分が皮膚に与える影響として、皮膚炎やアレルギー反応を起こすと国の研究によって報告されています。
なので過度に使用してしまうことによって、皮膚や素肌がかぶれてしまうので使い方には十分に注意が必要です。

スポンサーリンク

 ドラックストアでは制汗剤という商品が販売されており、汗を抑える効果があるので多くの方が夏の季節に使用しています。
しかし配合されている成分によって、脇の部分などがかぶれてしまうというケースがあります。
そこで商品選びに関する情報として、添加物が使用されていない制汗剤を購入することでこういったリスクを避けることが出来ます。
ドラックストアといった店頭で販売されている商品については、防腐剤などの薬剤が使用されていることが多いです。
しかし通販限定で販売されている制汗剤については、防腐剤などが配合されていない商品が多くなっています。
こういった無添加の商品であれば、脇に使用しても皮膚が傷ついたりかぶれることも基本的にないです。
またそれ以外の方法として、スプレーではなく脇に塗るクリームタイプの品を使うことでも比較的安全に使用可能です。

スポンサーリンク