MENU

湿布が原因でかぶれが発生した時の平均治療期間について

スポンサーリンク

打撲や捻挫治療において高い効果が得られるのが湿布の特徴となっており、ドラックストアでも販売されている人気医薬品となります。
ですが治療のためとはいえ、長時間患部に貼り続けることによってかぶれてしまうことがあります。
その場合における平均治療期間について説明をしていくと、大体1週間から2週間くらいかかることが多いです。
このように長くなってしまう理由についてですが、湿布の成分が皮膚に多く貼りついてしまうことが関係しています。
塗り薬などに比べると皮膚に付着しやすい傾向があるため、皮膚科で適切な治療を受けても完治するまでに時間がかかることも珍しくないです。
確かに捻挫などをした時において、使用することによって得られる効果も高くなっています。
ですがその分かぶれなどが発症したケースについても、治療期間が長くなってしまうことが注意点となります。

スポンサーリンク

 市販されている湿布を患部に貼り続けることによって皮膚がかぶれることがあり、一般的な治療期間として1週間から2週間前後となります。
そこで打撲などをした時において、どのようにして湿布を貼っていけば良いか説明をしていきます。
一度かぶれが起きてしまうと2週間前後は治らないことが多いので、なるべく衣服で隠せる場所に貼ることが重要です。
仮に二の腕や足といった部分に貼った場合においては、衣類などで隠せるので治療していることを相手に悟られることもないです。
ですが逆に衣類で隠せない顔や手首などに出来ると大変なことになるので、その場合には使用上において注意が必要です。
ただ何もしないのは良くないため、こういった場所を捻挫などした時には湿布ではなく氷水を使用します。
氷水を使って患部を冷やすことでも、同様に打撲などによる痛みを軽減させることが出来ます。

スポンサーリンク