MENU

化粧品による顔のかぶれと治し方

スポンサーリンク

いつも使っている化粧品がピリピリと刺激を感じたり、ひどい場合には顔が赤くなったりかぶれたりする場合があります。
この皮膚疾患の原因には二種類あって、刺激性のものとアレルギー性のものがあります。
肌にはバリア機能というものが備わっていて、異物が外から侵入しないように守る役割をしています。
様々な理由によってこのバリア機能が壊れてしまうと、化粧品の強い成分が肌の奥へと侵入してしまって、いつもだと大丈夫でも肌のコンディションが悪くなっていると、かぶれやかゆみを起こしたり刺激を感じたりしてしまいます。
治し方としては、肌の調子がよくなるまではその化粧品を使わないようにして、シンプルなケアを心がけましょう。
洗顔は洗顔料を使わないぬるま湯のみで洗うようにして、スキンケアはせずにワセリンなどで保湿するようにします。
メイクもなるべくしないようにして、どうしても必要な場合のみ低刺激な石鹸で落ちるタイプのメイクをするのが良いでしょう。

スポンサーリンク

アレルギーが原因になっている場合には、その物質が含まれている化粧品を使用しただけで、赤くはれたりかぶれたりなどの皮膚疾患を起こしてしまいます。
アレルギーが原因だと解っている場合にはだたちに使用を中止して、皮膚科で診てもらうのが良いでしょう。
アレルギーは場合によっては重篤な症状を起こす危険性があるため、専門家の医師の治療に委ねるのが賢明です。
また、どの成分が原因か不明な場合には、皮膚科でパッチテストを受けてみると良いでしょう。
どの成分がアレルギーの原因かを特定することができますから、その成分が含まれていない化粧品を選んで使っていくようにしましょう。
新しいものを使う場合には必ずパッチテストをするようにして、安全を確認してから使うようにすると、かぶれなどのリスクを減らすことができます。
また、買う時にはしっかりと成分に目を通して確認してから購入しましょう。

スポンサーリンク