MENU

金属アレルギーによるかぶれの治し方等について

スポンサーリンク

 金属アレルギーとは接触性皮膚炎の一種で、金属が肌に触れる事でかぶれの症状が現われる皮膚疾患の事を言います。
ただ全ての人に現われるわけではなく、肌が弱い人等に現われやすい傾向にあります。

 

 

 そもそも金属アレルギーが発生するメカニズムについては、金属のみならず汗も深い関わりがあります。
アクセサリーのように金属が直接肌に触れいている状態で汗をかくと、汗に反応して金属の表面が溶け始めます。
ただし、この時に溶ける金属は微量なので、目で見てすぐに分かるほどに溶けるというものではないです。
この溶けた金属が皮膚内に吸収されると、体内のタンパク質と結合してアレルギーを引き起こす原因物質となります。
この原因物質に体が過剰に反応して、皮膚の痒みや腫れ等といったかぶれ症状が発生するのです。
ちなみに、どの金属が原因となるかは人によって異なりますが、金やニッケル、コバルト等が原因になる事が多いとされています。

スポンサーリンク

 金属アレルギーが発生した場合の治し方としては、まず最初に原因となっている金属を遠ざける事が大切です。
金属製のアクセサリーや時計、金属製の調理器具等が原因となっている事があるので、これらを遠ざけるようにします。

 

 原因を遠ざけたらその後は速やかに皮膚科を受診して、適切な治療を受けるのが正しい治し方と言えます。
皮膚科で行なわれる治療方法としては、ステロイド薬を処方するのが一般的となっています。
かぶれている部分にステロイド薬を塗る事で、出ている症状を落ち着かせるのです。

 

 

 ただ金属アレルギーは完治しにくい皮膚疾患としても有名なので、普段からかぶれないように注意する事も重要です。
例えば、汗をかきやすい人は出来るだけ金属との接触を避ける、アレルギーが起きにくい金属のアクセサリーを選ぶ等があります。
また予めパッチテストを受けて、自分が金属アレルギーを起こしやすいか否か等を知っておく事も大切です。

スポンサーリンク