MENU

蛾に触れたことでかぶれが起きた時の治療方法について

スポンサーリンク

外出している時に蛾という虫を見かけることがありますが、これに触れることで皮膚や素肌がかぶれてしまうことがあります。
そこでそうなった場合の治療方法について、どういったものが有効であるか説明をしていきます。
1つめの効果が得られる治療法として、ドラックストアで市販されている痒みどめの薬を使用することです。
痒みどめの薬は主に塗り薬となっていることが多く、患部に直接することでその効果をえることが出来ます。
蛾に触れることによって鱗粉が素肌に付くことによって、皮膚がかぶれてしまう仕組みになっています。
また虫に含まれている鱗粉は人体に触れることで、高い確率でアレルギー反応を起こしてしまうことが多いです。
なので近くに蛾が飛んでいる場合であっても、無闇に触ったりしないで放置しておくことが一番確実な方法となっています。

スポンサーリンク

 2つめの蛾の鱗粉が素肌に付いたことでかぶれてしまった時の治療法として、セロテープを使用して緩和させていく方法です。
実は鱗粉に見えるような場合であっても、それが針であるというケースがあります。
そういったものを手でこすってしまうと、皮膚のかぶれや痒みなどが促進されてしまう可能性が高くなっています。
またこういったものが付いた上で目などをこすってしまうと、目の病気を発症してしまう可能性があるので注意が必要です。
特に黄色い鱗粉のようなものが素肌に付着した場合には、セロテープなどを使用して剥がしていくようにすると良いです。
ですがあまりぴったり素肌に付けてしまうと、今度は皮膚をセロテープによって痛めてしまうことが多いです。
なのでその点に注意をしながら、ゆっくりと素肌にセロテープを付けていき剥がしていくことがポイントとなります。

スポンサーリンク