MENU

ゴムでかぶれが起きる原因等について

スポンサーリンク

 かぶれとは何等かの理由で皮膚に発疹や水疱、激しい痒み等が起きる症状の事を言います。
このように皮膚表面に何等かの物質が触れる事で発疹等が出来る事を、専門的には接触性皮膚炎と呼びます。
この接触性皮膚炎は刺激で発生するタイプと、アレルギーで発生するタイプの2種類に分類する事が出来ます。

 

 

 刺激でかぶれが発生するタイプとは、下着等が皮膚表面を擦る等した時に、それが原因となって症状が現われる事を言います。

 

 二つ目のアレルギーによるタイプとは、肌に触れた物質そのものに対して肌がアレルギー反応を起こしてしまうというタイプです。
具体的な例を挙げると化粧品や植物、金属等が挙げられます。
また、中にはゴムによってアレルギー反応を起こしてしまうという人もいらっしゃいます。
ゴムは下着等でもよく用いられる物質なので、ゴムが原因でかぶれてしまうのは厄介だと言えます。

スポンサーリンク

 接触性皮膚炎が起きてしまった場合の治療方法については、ステロイド薬を使うのが一般的とされています。
ただ使い方については症状の重さ等によって、患部に塗る、経口服用するといった違いがあります。
基本的には患部がごく限られている時や軽症の場合には、塗り薬を用いる事が多いです。
逆に症状が広範囲の場合や重症の場合には、経口服用タイプを使って内側からの改善を試みます。

 

 

 ただし、ステロイド薬による治療は症状を緩和する事は出来ても、治りを早くする効果は薄いのが現状です。
そのためかぶれてからの治療も大切ですが、かぶれないように予防対策に力を入れる事も大切だと言えます。
予防対策として一番効果的なのは、症状を引き起こす可能性のある物を遠ざける事です。
例えば金属のアクセサリーは身に付けない、植物を家に持ち込まない等があります。

スポンサーリンク