MENU

手首が急にかぶれる原因について

スポンサーリンク

虫にも刺されていないのにも関わらず、手首が急にかぶれるという事があります。

 

 

それはもしかすると、「接触性皮膚炎」になっている可能性があります。
接触性皮膚炎とは肌に触れたものやアレルギー等が原因でかぶれを起こしてしまう状態の事であります。
この症状が起きる場所は決まっているため分かりやすく、健康な皮膚と比較できます。

 

 

主な症状としては手首に赤いぼつぼつができたり痒みが起きたりします。
また、痒みについては長く続くという特徴があります。
そして、かきくずすと範囲が広がるため注意が必要となります。

 

 

原因については時計やアクセサリー等の金属に対して皮膚が負けてしまい、そこからかぶれが始まったり、花粉やほこりに含まれているアレルゲンを異物として認識してしまい過剰に免疫反応を起こしてしまいます。

 

 

そして、アレルギー体質の人が乾燥やストレス等で皮膚のバリア機能が低下するため接触性皮膚炎が起きやすくなります。

スポンサーリンク

病院で接触性皮膚炎についての診療を受けたい時は皮膚科を受診して診療を受ける事になります。
まず検査では接触性皮膚炎を起こしている原因となった物質を特定する所からはじまります。
原因となっている物質を特定できたら、ステロイド軟こう等の外用薬を利用して治療が開始されます。

 

 

また、医師から生活指導を受けながら治療を受ける事になります。

 

 

万が一、原因となっている物質が判明できなかった場合については効果的な検査方法として有名な「パッチテスト」を行う必要があります。
これはいくつか疑わしい物質を選定して、選ばれた複数のサンプルを専用ばんそうこうに塗り、背中に48時間貼ってその後の皮膚の経過を見ていくという検査であります。

 

 

治療中の際に手首に炎症が出ている場合については入浴はシャワーのみで済ませたり、お酒等を控えたりして、体を必要以上に暖めないようにする事も大切であります。

スポンサーリンク