MENU

山芋でかぶれた際の対処方法や治療方法等について

スポンサーリンク

 山芋は日本人にとって身近な野菜の一つで、よく食卓に並ぶという人も少なくないです。
擦ってご飯の上にかけたり、千切りにしてポン酢等で頂く等、食べ方にも様々な種類があります。

 

 ただし山芋は肌に触れると、かぶれを引き起こすという厄介な特徴がある事でもよく知られています。
例えば調理の際に皮を剥いていたら手が痒くなったり、食べている時に口の周りがムズムズしたりします。
何故このようなかぶれが発生するのかというと、シュウ酸カルシウムという物質が関係しています。

 

 

 シュウ酸カルシウムとは決してめずらしい物質ではなく、体に対しても害をなすような物ではないです。
ただシュウ酸カルシウムは、針状結晶という結晶を作るという特徴があり、これがかぶれの原因となります。
針状結晶とはその名の通りに針のように尖った部分が、結晶の表面を覆っている結晶の事を言います。
この針は顕微鏡を使わないと見えないくらい小さなものですが、これが肌表面を刺激して痒み等を引き起こすのです。

スポンサーリンク

 また山芋にはアセチルコリンという成分も含まれていて、これが原因となってアレルギー症状が発生する事もあります。
アレルギーの場合には痒み以外にも、蕁麻疹や胃痛等が発生するので、見極めるのは決して難しくないです。

 

 

 山芋で肌に痒みが起きた場合の対処方法としては、シュウ酸カルシウムを取り除くのが一番効果的です。
普通に水等で洗い流しても良いのですが、この時に酢水やレモン水を使うと更に高い効果が期待出来ます。
何故かというとシュウ酸カルシウムは酸に弱いという特徴があり、酸に触れると結晶表面の針がなくなってしまうのです。
この対処によって、手や口の周り等の症状を改善する事が出来ます。

 

 

 次にアレルギー反応が出ている場合には、自力で対処するよりも病院を受診して適切な治療を受けるのが望ましいです。
治療は出来るだけ早く受けたほうが重症化を防げるので、違和感を感じたら速やかに病院に行くのが良いです。

スポンサーリンク