MENU

汗によってヒリヒリ痛む、首のかぶれの原因と対処法

スポンサーリンク

赤ちゃんや幼少期に多い、首回りのかぶれですが、すぐに手が届き、掻いてしまうため、中々治りづらく辛いものです。

 

掻き壊すと、傷口から汁が出て、それによってまたかぶれ、かゆみが出るという悪循環になります。

 

自分の浸出液によって、かゆみがひどくなる体質かどうかは、皮膚科やアレルギー科などで検査を受ければ分かるようになっています。

 

もし検査の結果が、浸出液によって肌にかゆみが出る体質なら、なるべく掻き壊さないように、人一倍気を付けなければなりません。

 

首の皮膚は体の皮膚の中でも薄い方の為、汗が付いてしばらくそのままにし、それが乾いただけでも、かゆみが出てきてしまい、赤ちゃんや子供が自分で掻いてしまうと、ヒリヒリ染みて気になり、余計にまた触ってしまうので、中々治りにくいです。
夏場だと寝汗にも反応してしまい、症状は悪化することが多いです。

スポンサーリンク

症状にあった塗り薬を皮膚科などで処方してもらい、お風呂上がりの清潔な肌に塗ってあげると良いでしょう。

 

お風呂で体を洗う時にも、石鹸をつけてごしごしこすって洗ってしまうと、ヒリヒリ痛みが出やすいので気を付けなければなりません。

 

低刺激性のせっけんを使用するか、石鹸を使用せずに、お湯で優しく汗を落としてあげるのが良いです。

 

お湯の温度も熱すぎるとまた、皮膚のかぶれが反応して、かゆみが出てしまうので、ぬるま湯で洗ってあげるのが良いです。

 

また、乾燥を防ぐため、濡れたままにせず、優しくタオルで押さえ拭きをして、すぐに塗り薬を塗ります。

 

首は一番汗をかきやすく、デリケートな部分ですので、夜に気持ちよく寝かせてあげるために、お風呂の時も、お風呂上りも注意が必要です。

 

かゆみを抑え、掻き壊さない事が、症状を早く改善するためにはとても大切です。

スポンサーリンク