MENU

お腹のかゆみは、かぶれが原因かもしれません

スポンサーリンク

お腹にかゆみのある湿疹ができていて、気づいたら掻きむしっていたという経験がある方は、かぶれが原因の可能性があります。

 

お腹の皮膚は、他の部分より薄くデリケートと考えられており、様々な物質に対してアレルギーを起こす可能性があるとされています。

 

皮膚の中でもお腹は日常外気にさらされることがほとんどなく、守られている部分ですのでかぶれ様の症状を起こすケースは多いと考えられています。

 

アレルギー様症状が起こる原因として多いものに、ベルトのバックルや、ジーンズの留め具などの、金具によるアレルギーが考えられます。

 

金属アレルギーは、金属が皮膚に当たることにより湿疹や赤み、かゆみなどが出る症状で、接触性皮膚炎と診断を受けることもあります。

 

防止策としては、原因となった金属に接触しないようベルトを変えたり、金属部分をコーティングするなどの方法が挙げられます。

スポンサーリンク

その他、かぶれのような症状が出た場合は、衣類のタグによるものであるケースがあります。

 

衣類やインナー類にタグがついていて、そのあたりが痒い場合は、タグを切ってしまうことで症状が出なくなることがあります。

 

お腹の皮膚はデリケートですので、摩擦に弱く、特に敏感肌や乾燥肌傾向の方は、衣類についているタグ類は切っておくことで、かぶれが起こることを防ぐメリットがあります。

 

お腹は、体調が悪い場合に湿疹やじんましんなどが出やすい部分でもあるため、できるだけ刺激になるような物質との接触を避けることで、かゆみが出ることを防ぐことができるといわれています。

 

インナーには、コットンやシルクなど、肌に優しい天然素材を選び、症状が出ると考えられる要因に接触しないことも大切です。

 

症状が出た場合は、皮膚科による治療が推奨されています。

スポンサーリンク