MENU

絆創膏でかぶれた跡の対処法

スポンサーリンク

ちょっとした怪我に活躍してくれる絆創膏ですが、貼る場所や体質などによってはかぶれてしまう方もいらっしゃいます。
しかし、かぶれて茶色く変色し、跡になってしまった方も、きちんと対処法を覚えて実践しておけばきれいに治すことができます。

 

かぶれて薄茶色に変化し、跡に残る原因は様々なのですが、同じ場所で炎症を何度も繰り返し受けたり、体が皮膚を守るためにメラニンを作ってしまい、それが色素沈着したというものという理由がとても多くみられます。

 

この症状は絆創膏だけでなく、ニキビややけど、虫刺されといった皮膚に起きる炎症が治った後によく起きてしまう上に、紫外線に当たると余計にメラニンを作り出してしまうので、早めに対処しておくことをおすすめします。
また、紫外線対策は基本ですので、普段からしっかり対策しておきましょう。

スポンサーリンク

かぶれた跡を自力で治すのなら、普段のケアにも使える美白化粧水や乳液、美容液などがおすすめです。
また、美白化粧品や市販の薬を使う時は、ハイドロキノンという美白成分が配合されたものだと、より効果的です。

 

 

医療機関を利用して治したいという方は、レーザー治療やメディカルピーリング、光治療などの方法があり、特にレーザーは、ピンポイントで確実に治療していけるのですが、これらの方法は色素沈着がかなり進んでしまい、自力では治せない状態の方だけにおすすめします。

 

古い角質を落として肌のターンオーバーを促すピーリングも、ドラッグストアやネット通販で購入し、自分で行うことができますし、続けていれば色素沈着をかなり薄くさせることができます。
ただ、ピーリング後に紫外線を浴びることは禁物ですので、外出しない日や曇りの日などに行うようにしましょう。

スポンサーリンク