MENU

赤ちゃんおしりにぶつぶつができたら、おむつかぶれの治し方

スポンサーリンク

赤ちゃんのお肌はとても敏感で、お肌のバリアーもまだまだ未熟です。
よってちょっとした刺激で赤くなったり、ぶつぶつができたり、ひどくなるとただれて痛みも伴うようになります。
特におしりはかぶれやすく、注意する必要があります。
おしりがかぶれる原因はさまざまなものがあります。
例えばオムツがあたってそれが刺激となったり、またオムツのおしっこをそのままにしておくのも原因になります。
おしっこは液体で刺激がなさそうですが、その中には老廃物が沢山入っており長時間お肌に触れるとかぶれの原因となります。
またおしっこによっておむつの中の湿度が高くなるとカンジダなのどの菌が繁殖する原因にもなります。
そして一番の刺激となるのがうんちです。
うんちは赤ちゃんの肌にとって刺激が強く、長時間うんちに肌がさらされているとあっという間にお知りが真っ赤になっていたり、ぶつぶつができていたり、ただれてしまっていたりします。

スポンサーリンク

おしりの刺激に注意していても、もし赤ちゃんのおしりがかぶれてしまったらどのように対処すればいいのでしょうか。
治し方としてはまずはかぶれた所を刺激しないようにします。
うんちがでておむつが汚れておしりを拭く時も市販のおしりふきではなく、コットンを使用します。
コットンにたっぷりのぬるま湯を含ませて擦らず優しく、優しく拭いていきます。
そしておしりを拭いた後は、おしりの湿気をしっかりととってからオムツをします。
そして、塗り薬などを使用する治し方としては症状によって異なります。
赤くなっているぐらいでしたら市販でも売られている保湿剤やワセリンを塗って様子をみて大丈夫です。
しかし、ぶつぶつが出来たりさらにひどくなってただれてきたら早めに皮膚科にいきましょう。
皮膚科では症状によって軽いステロイド剤や保湿剤を処方してくれます。

スポンサーリンク