MENU

汗をかくと肌がかぶれる原因と薬

スポンサーリンク

夏場の汗は体温調節を行うのに必要不可欠で、気化熱で蒸発する時に体温を下げる作用を持っています。
しかし、これが肌に刺激を与えてしまって、かぶれやかゆみなどの皮膚疾患を起こす場合もあります。
代表的なものがあせもです。
育ち盛りの子供がなるものだというイメージがありますが、最近では大人でもあせもに悩んでいる方が増えています。
汚れや老廃物が毛穴などをふさぐことによって、そこが炎症を起こしてしまったのがあせもです。
長時間汗をかいた状態でいるとあせもになりやすいですから、こまめに拭き取るというのが大切です。
また、常に清潔に保つようにして、お風呂では丁寧に洗うようにしましょう。
湯船に浸かることで毛穴から老廃物を排出しやすくなりますから、あせもの予防と改善に役立ちます。
ややぬるめのお湯にしっかりと浸かるようにすると効果的です。

スポンサーリンク

また、あせも以外の原因として、汗荒れというものがあります。
夏場は様々な原因で肌のバリア機能が弱くなっていますから、肌は刺激を受けやすい状態です。
そんな中で汗をかいて長時間そのままの状態でいると、水分はどんどん蒸発してしまって、微量に残された塩分やアンモニアなどが肌刺激を与えてしまってかぶれやかゆみを引き起こしてしまします。
衣類で締め付けられている部分に置きやすく、男性の場合はワイシャツの首元やお腹のベルト周り、女性の場合には下着のラインに沿って肌が荒れやすいです。
改善法としては、汗が肌に付いている時間をなるべく短くするということです。
こまめに拭き取ったり洗い流したりして、清潔な状態を保つようにしましょう。
また、バリア機能を高めることで軽減できますから、保湿を重視するのがよいでしょう。
あせも共々、市販の皮膚疾患用の外用薬で治すことができますから、肌に合ったものを選んで使いましょう。

スポンサーリンク