MENU

かぶれでかゆみがある時はまず冷やすようにしましょう

スポンサーリンク

皮膚が何かにかぶれてしまい、かゆみを伴う場合は、まず冷やすようにしましょう。
この時は絶対に温めないようにしてください。
皮膚を温めると血行がよくなり、よけいにかゆみが強くなってしまうからです。

 

かぶれというのは正式には接触性皮膚炎といい、特定の物質による外的刺激を受けることで、皮膚に赤いぶつぶつができたり、丘疹といって皮膚が盛り上がったりする症状のことです。
また、水疱ができることもあります。
原因となる物質は主に金属、化学薬品、植物、そして衣類や貼り薬などです。
金属は銀や銅、そしてクロムなどが原因となり、植物では漆や銀杏などが原因となることが多いです。
ですから、自分はどの物質が合わないかをきちんと把握しておき、もしそれに触れてしまった場合は速やかに冷却シートなどで冷やすようにして、早めに皮膚科に行くようにしましょう。

スポンサーリンク

また子供の場合は、大人と違って原因をきちんと把握できないこともあります。
ですから、かぶれが見られた場合は、どのような場所に行ったのか、あるいはどのような行動を取ったのか必ず確認するようにしましょう。
特に口の周りによだれを垂らしていたり、あるは食物をくっつけたままでいた場合、それも原因になることがあります。
この場合も患部をよく冷やすようにして、かきむしらないようにし、皮膚科に連れて行きましょう。

 

それから、発疹が出たからといって必ずしもかぶれとはいえないことがあります。
たとえばそれに伴って発熱がある場合は、自己免疫疾患の可能性がありますし、子供の場合ははしかや風疹、水疱瘡や川崎病ということも考えられますので、他に症状がある時は内科や小児科をまず受診しましょう。
また、体力が弱っている時に起こりがちなヘルペスは、口の周囲に発疹が出るのが特徴です。

スポンサーリンク