MENU

薄茶色のかぶれ跡が消えない原因と対処法

スポンサーリンク

かぶれが治った後に薄茶色の跡が残ってしまって、なかなか消えないという場合があります。

 

火傷や切り傷、ニキビなどでもこのような跡が残る場合があり、これは炎症性色素沈着というものです。

 

 

つまり皮膚の炎症が強すぎたせいで肌に跡として残ってしまったというもので、元々は傷やかぶれなどを受けた時の強い炎症が原因となっています。

 

体には防御機能が備わっていて、皮膚が強い炎症を受けるとそれから体を守ろうとして、大量にメラニンが作られます。

 

傷そのものは治ってもメラニンが皮膚に定着してしまうと、このような炎症性色素沈着を起こしてしまいます。

 

 

メラニンというと日焼けも同様で、夏の太陽の下で長時間過ごすと色が黒くなりますが、これもメラニンによるものです。

 

紫外線にはサンバーンという肌に火傷をさせるような強いパワーがありますから、これから皮膚を守るために体内でメラニンが作られて、黒くなるという防御機能です。

スポンサーリンク

このように原因がメラニンですから、消えないと悩んでいた古傷の跡なども、メラニン対策をしっかりと行うことで薄くしていけます。

 

女性が悩むシミと同様のメカニズムで治していくことができますから、ボディ用の美白化粧品を使ってみましょう。

 

 

特に厚生労働省から認可された美白成分が入っているものなら、美白効果がしっかりとしていますから、色素沈着にも効果が高いです。

 

数日程度で治るものではなく、肌のターンオーバーに合わせて徐々に薄くなっていきますから、根気良く美白化粧品を跡に塗りこむようにするのが大切です。

 

 

もっと短期間に色素沈着を消したいなら、皮膚科などに行って専門的治療を受けるのが一番です。

 

レーザーやピーリング、イオン導入など、その人に合った方法で確実に短期間できれいな肌へと戻れる治療を行ってくれます。

 

中にはダウンタイムが必要な治療もありますから、しっかりと医師と話し合って治療法を決めましょう。

スポンサーリンク