MENU

おしりのかぶれとかゆみ対策について

スポンサーリンク

おしりのかぶれやかゆみが起こりやすい、おむつかぶれの症状は、赤ちゃんに多いです。
その原因は、赤ちゃんの皮膚は薄く、皮膚分泌も少ないために乾燥しやすく、バリアー機能も未熟だからです。
その為にちょっとした刺激ですぐに肌トラブルを起こしがちになります。

 

この症状は、うんちやおしっこによる化学的刺激やむれた皮膚がおむつでこすれたり、おしりをふいたりしたことによる物理的な刺激でおしりが炎症を起こし、赤くただれます。
うんちが軟らかく、おしっこの回数が多い低月齢の頃に多く見られます。
しかし、おむつがむれやすい暑い季節は月齢の高い赤ちゃんもなりやすいので注意が必要です。
低月齢の赤ちゃんは、泣いて痛みを訴えることが多いですが、月齢の高い赤ちゃんの場合、かゆみも感じるため患部をかく恐れがあるので注意しましょう。

 

最初は、皮膚が赤くなるだけですが、ひどくなると赤いブツブツした丘疹ができます。
悪化すると皮膚がむけてジュクジュクになり、排尿や排便、おむつ換えのたびにいたがって泣くようになります。

スポンサーリンク

また、おむつかぶれと似た症状が出る病気があります。

 

それは、カンジダ菌というカビ菌が原因で起こる皮膚カンジダ症です。
おむつかぶれは、おむつが当たる部分を中心に湿疹ができますが、皮膚カンジダ症はくびれやしわの中にブツブツが出て薄皮がむけたり、小さな水泡や膿をもった膿疱ができます。
皮膚カンジダ症は抗真菌薬入りの軟膏を塗って治療します。

 

 おむつかぶれの治療とホームケアについて説明します。
基本は、小まめなおむつ交換で、いつもおしりを清潔に保つことです。
紙おむつや布おむつ、おむつカバーは肌への刺激が少なく、通気性のいいものを選びましょう。
下痢のときは、座浴やシャワーで洗い流すようにすると、肌への刺激も少なく、より清潔を保てます。

 

 ステロイド薬を含まない塗り薬が処方されますが、炎症が強い時は、弱いステロイド薬入り塗り薬が処方されます。
それでも治らない時は、カンジダ菌が原因の可能性があるので、早めに病院を受診しましょう。

スポンサーリンク