MENU

かぶれの跡を消す方法

スポンサーリンク

皮膚がかぶれたとき、かぶれはたとえかゆみが消えても跡が残ることがあります。
しかしこれは病気ではなく、皮膚が強い炎症によって傷つかないようにメラニンが分泌され、色素が定着してしまったからです。
このように皮膚の炎症によって色素が定着してしまうことを炎症後色素沈着と呼びます。
このようにかぶれの跡の原因はメラニンによるものなので跡を消すためには美白化粧品や美白効果のある医薬品やクリームなどが適しています。
美白化粧品にはハイドロキノンという物質が含まれており、この物質はメラニンを薄くする効果があります。
これらを毎日塗り込むことで跡を薄くして消すことが可能なのです。
しかし、メラニンは日光に含まれる紫外線の影響によって濃くなってしまうので頻繁に外出なさる場合は紫外線クリームを併用することが必要になります。

スポンサーリンク

しかし、医療薬品を用いる方法は消えるまでに時間がかかるため、すぐに消したい場合は皮膚科の病院で適切な治療を受けることをお勧めします。
病院での治療法にはレーザー治療、メディカルピーリング、光治療などがあります。
レーザー治療はレーザーを患部にあててメラニンを破壊して排出する治療法です。
レーザーは威力が高いので狭い範囲の濃いメラニンにとても有効です。
一方光治療は光を患部に当ててメラニンを消す治療法です。
この治療に用いる光はレーザーではないので消えるのに時間がかかりますが当てる範囲が広いので広範囲にわたる治療に効果的です。
最後にメディカルピーリングですがこれは光ではなく薬剤を患部にあてて色素を薄くする治療法です。
これは古い角質を取り除いて新しい細胞の生まれ変わりを高めるので跡を消すだけでなく美白作用もある治療法です。
以上の3つが病院での治療ですので、じぶんの症状に合っている治療法を選択してください。

スポンサーリンク