MENU

口の周りがかぶれる原因について

スポンサーリンク

突然、口の周りがかぶれはじめたら、それはストレスが要因となって起きている可能性が高いため注意する必要があります。

 

 

そのため、アトピー性皮膚炎や接触性皮膚炎等を発症している恐れがあるという事になります。
アトピー性皮膚炎の場合については乾燥肌、口の周り炎症・かぶれ、痒み等の症状を起こします。

 

 

接触性皮膚炎は化粧品、せっけん、洗剤類、花粉や埃、金属類等に含まれる物質が原因で赤いぼつぼつや痒み、炎症、かぶれ等の症状がでます。
口の周りにも影響がでる事があります。

 

 

共通点としては痒みや炎症、かぶれ等の症状がでる所であります。
これは子どもをはじめとする、成人男性・女性にも起こる事であります。

 

 

特にアレルギー体質の人は気をつけていかなくてはいけなくなります。

 

 

そのため、症状が酷いようであれば、病院を受診して検査を受けつつ治療していく事になります。
皮膚科に行けば適切な診療を受ける事が可能であります。

スポンサーリンク

病院の検査では原因となっている物質を特定する事から始まり、特定が可能であればステロイド軟こう等の外用薬を使って治療が開始されます。

 

 

もし、原因となっている物質の特定が難しい場合については「パッチテスト」を行う事になり、疑いがある物質のサンプルを専用の絆創膏に塗り、それを診療を受けている側の背中に貼り、皮膚の観察を48時間行なっていき経過を見る事になります。

 

 

その後は薬を処方されて、経過を見ていく事になります。

 

 

アトピー性皮膚炎を予防していくにはどうしたらよいのかというと、生活習慣の乱れを正常の状態に戻しつつ、栄養バランスのとれた食事としっかりとした睡眠を十分とっていく事が大切であります。

 

 

接触性皮膚炎については、塗り薬を使いながら徐々に皮膚を強くしていく事が重要となります。
そしてストレスを溜めないように心がけていく事も大切であります。
また、肌に弱い物質を含んだものを利用しないまた触れないようにしていく事も必要となります。

スポンサーリンク