MENU

白髪染めによるかぶれの治療方法等について

スポンサーリンク

 かぶれとは皮膚表面に起きる疾患の一種で、何等かの原因が肌に触れる事で発症します。
代表的な症状として赤い発疹や水疱の発生、それに伴う激しい痒みやヒリヒリとした痛み等があります。
どういった症状が現われるかについては、原因や体質等によって違ってきます。

 

 

 かぶれを起こす原因については、皮膚に刺激が加わるのが原因となるタイプや、アレルギー反応が原因となるタイプがあります。
前者の具体的な例としては、下着等が肌表面で擦れる事でそれが刺激となって発症する場合が考えられます。

 

 後者の具体的な例としては化粧品や金属、植物等に触れる事でアレルギー反応を起こしてしまうというのが挙げられます。
それ以外にもこのタイプには、白髪染めの使用が原因となって発症するケースも少なくないです。
具体的には白髪染めに含まれる成分で、アレルギー反応を起こしてしまうという事になります。

スポンサーリンク

 白髪染めには様々な成分が含まれているのですが、特にジアミンという成分に反応してしまう人が多いです。
ジアミンは染料の一種で、明るい色に染めてくれる商品に含まれている事が多いと言われています。
そしてジアミンは即座にアレルギー反応が出るものではなく、長年に渡って蓄積される事で突然症状が現われます。

 

 

 白髪染めでかぶれた場合の症状としては頭皮全体、もしくは部分的にピリピリとした痛痒さを感じます。
ひどくなると顔が腫れたり、最悪の場合には命に関わる事もあるので、くれぐれも注意が必要です。

 

 

 発症してしまった場合の治療方法としては、症状が出ている部分を保冷剤等で冷やすのが効果的です。
白髪染めをしてから入浴をして洗髪をするという人もいますが、この際に症状が出たら熱いお湯は避けたほうが賢明です。

 

 ただ患部を冷やしても症状が落ち着かない場合には、速やかに皮膚科を受診して適切な治療を受けるのが正しい対処になります。

スポンサーリンク