MENU

銀杏でかぶれた場合の対処と治療

スポンサーリンク

秋の風物詩ともいえる銀杏は、自然界からの贈り物とされ毎年拾いに行くことを楽しみにしている人も多いです。
銀杏はイチョウの木から熟した実が落ちてきます。
種がオレンジ色の果肉で覆われていて独特の臭いがあります。
銀杏は特殊な成分が含有しているので、むやみに触るとかぶれを起こします。
素手で触れた部分にかゆみの症状が現れ赤く腫れてきます。
これは体質によるもので、素手で触ってもかぶれない人もいます。
かぶれたら、すぐに皮膚科を受診することが望ましいです。
その理由は一刻も早く症状を緩和させることと、かぶれた手で目や首など他の部分を触ると、この部分にも同様の症状が発生し、広がっていきます。
かゆみを伴うので治まりがつかなくなる一方になります。
病院へ向かうときは、手袋などで患部を覆って不必要に他を触らないように注意します。

スポンサーリンク

皮膚科での治療としては、患部を鎮静化させるための塗り薬が処方されます。
かゆみの症状はすぐには治まりませんが、次第に落ち着いてきます。
過敏な人は水泡などの症状が出る場合もあります。
状態が良くないときは内服薬が処方されることもあります。
皮膚科では、最初は塗り薬は成分が弱めのものを処方して経過観察をすることもあるので、症状に回復の兆しがないときは再度治療に行くことをおすすめします。
銀杏を触ってかぶれなどの症状が出る人は漆も体質的に合わないとされています。
ひどくなると日常生活にも支障をきたすので、銀杏拾いをするときには、軍手の上からゴム手袋をはめて厳重に取り扱うことが大切です。
実を握ったときに顔へ汁が飛ぶこともあるので、マスクなどで顔を覆うことも得策といえます。
体質的に合わないと判断したらイチョウの木に近づかないことも必要です。

スポンサーリンク