MENU

湿布によるかぶれには、ステロイド外用薬が有効

スポンサーリンク

捻挫や打撲、肩こりなどで使用される湿布ですが、貼っている途中でかぶれの症状が出ることがあります。

 

湿布を長時間貼っていることによる接触性皮膚炎ですので、はがしてしまえばかぶれの症状を徐々にしずめることができるとされています。

 

対策としては、長時間貼りっぱなしにせず、一定期間おいてから貼りなおすなどの方法で、症状を抑えたり防ぐことができると考えられています。

 

特定の湿布にのみかぶれる場合は、その製品を使用しないなどの工夫も必要となります。

 

症状がひどい場合は、ステロイド薬の外用が有効です。

 

ステロイド外用薬は、皮膚科を受診すると処方される薬で、炎症を素早く鎮め、赤みやかゆみをなくす効能があります。

 

薬のランクはいくつかあり、弱いものや強いランクのものがありますので、医師に処方されたものを指示通り使用することで、症状を早く治すことができると考えられています。

スポンサーリンク

湿布に含まれている成分は、様々なものがあり、有効成分もそれぞれ異なります。

 

中には紫外線に当たることでかぶれを起こしやすくなる成分を配合した湿布もありますので、はがした後も患部は紫外線にさらさないよう注意するなどの配慮が必要なこともあります。

 

又、アトピー性皮膚炎や敏感肌、乾燥肌などデリケートな肌質の方は、あらかじめ医師や薬剤師にその旨を伝えておくことで、かぶれを事前に防ぐ助けになることがあります。

 

皮膚が弱い方は、様々な物質にアレルギーを起こしやすく、接触性皮膚炎を起こしてしまうケースが多いため、特に注意が必要です。

 

ステロイド外用薬は、医師の処方の他、ドラッグストアで購入することも可能です。

 

その場合は、症状について薬剤師に相談し、体質や肌質に適した商品を選ぶことが推奨されています。

 

処方薬同様決められた用法を守り使用することで、症状を緩和させることができます。

スポンサーリンク