MENU

絆創膏によってかぶれや水ぶくれが発生する原因と対処法

スポンサーリンク

指先などを何かで切ってしまって切り傷が出来てしまった場合において、応急処置として絆創膏を指に巻くことがあります。
こういった応急処置はとても有効な方法となっていますが、長時間付けているとかぶれや水ぶくれが出来ることがあります。
このようになってしまう原因を調べていくと、長時間指先や皮膚に絆創膏が貼り付いていることが関係しています。
長時間皮膚などに貼り付いた状態になってしまうことで、それを剥がす時に必要以上に角質も剥がしてしまうことがあります。
そうなると皮膚が傷ついてしまうことになってしまい、それが時と場合によってはかぶれや水ぶくれになることがあります。
他にも洗剤などの薬剤を使用するケースや、何らかのアレルギー成分によってこういった症状が発生することもあります。
ですが絆創膏が関係しているケースについては、このように長時間指先に貼り続けることによる影響が大きくなっています。

スポンサーリンク

 絆創膏を長時間指先などに巻き続けるとかぶれや水ぶくれが出来てしまうことがあり、この場合には何らかの処置が必要となります。
ポイントとして痒みを感じることがありますが、出来るだけ手で触れないようにすることが大切となっています。
手で触れてしまうとそこからバイ菌が入ってしまうケースがあり、それによって傷口が広がってしまうことがあります。
そうなるとせっかく治りかけていた場合においても、完治するのを邪魔してしまうことになります。
患部に対して包帯などを巻くのも方法としてありますが、そうした場合には繊維などが傷口に貼りついてしまうことがあります。
なので出来るだけ何も巻かないようにしつつも、患部や傷口を出来るだけ清潔な状態に保つことが大切です。
そうした工夫を数日間続けることによって、自然に傷口も綺麗になっていくことが多いです。

スポンサーリンク