MENU

脇のかぶれには症状に合わせた薬で治る

スポンサーリンク

かぶれとは主に何らかの物質が皮膚に接触したことにより発症することで、医学用語では接触皮膚炎と呼ばれる急性の皮膚疾患のことを指します。
かぶれを引き起こす原因は2種類に分類され、それぞれ一時刺激性接触皮膚炎とアレルギー性接触皮膚炎と呼ばれて分けられています。

 

一時刺激性の場合は原因となる物質に触れたことにより皮膚が炎症を引き起こす現象です。
例えば石鹸や洗剤や油など刺激の強いものにより引き起こされる場合があります。
アレルギー性の場合は名前の通りアレルギー反応により引き起こされる現象です。
例えば化粧品やネックレスの金属などが原因で起こる場合があります。

 

治療法として最も簡単かつ単純な方法として、かぶれの原因となる物質に触れないことです。
他に飲み薬や塗り薬を使用する治療がありますが、症状が強い場合は薬だけでなく注射をすることもありますので医師にご相談ください。

スポンサーリンク

ここでは仮に脇にかぶれが発症した場合の治療法について説明します。

 

脇は人によってはたくさん汗をかく人がいますが、実はその汗が原因で発症してしまう場合があるのです。
放置して我慢しても触ったり痒みで引っ掻いてしまい、結果炎症がさらに悪化して化膿してしまう場合があります。
そうなる前に薬を使って痒みや炎症を抑えることができます。

 

症状が軽い場合は炎症を抑えるステロイド成分や、痒みを鎮める抗ヒスタミン成分を配合したものを選ぶとよいです。
症状が強い場合はステロイド成分を配合したものを選びます。
これは毛細血管の広がりを引き締める働きにより炎症を抑える効果を得られるからです。
万が一にも痒みのあまり引っ掻きすぎてしまった場合、細菌による感染を防ぐために抗生物質や化膿止め成分の入った軟膏を選ぶようにしてください。

 

これらは薬局やドラッグストアで購入することができます。
症状に合うものがわからず迷ってしまう場合は、店員に尋ねると見つかることが多くあります。

スポンサーリンク