MENU

赤ちゃんは下痢をするとおしりがかぶれやすくなります

スポンサーリンク

赤ちゃんはおしりがかぶれやすいです。
特に下痢をするとひどくなります。
赤ちゃんは便の回数も多く、ゆるいからです。
おしりふきとの相性もあるので、普段から比較してみると良いでしょう。
保湿剤などが入っていないもののほうが、かぶれにくいようです。
使い心地が良く、コスト的にも優れているものを探してあげてください。
また赤ちゃんのおしりが濡れているうちにおむつをしてしまうとかぶれます。
おむつ替えの時に乾かしてから、新しいおむつをあてるといいでしょう。

 

下痢の時はさらにかぶれます。
真っ赤になってしまうこともあります。
下痢をした時は
すぐにおむつを替えてあげることです。
気が付かないでいるとひどくなります。
下痢が収まっても、赤ちゃんの機嫌が悪いのはお腹が痛いからではなく、お尻が痛いからです。
お尻のかぶれが治るには時間が掛かります。

スポンサーリンク

下痢の時はおむつ替えの時におしりを拭かないほうが良いです。
こすると刺激を与え、ひどくなってしまうからです。
おむつを敷いたまま、ぬるま湯で洗い流す方法がお勧めです。
薬局などでおしりを洗うためのボトルが売られています。
百円ショップでも代用できるものが売られています。
ケチャップの容器のような押せばぬるま湯が出てくるボトルなら、なんでもいいでしょう。
おむつを敷いたまま、ボトルを押してぬるま湯を出し、お尻を洗い流します。
こすらないように拭いて、肌を乾かしてから新しいおむつをあてると良いでしょう。
どうしても赤みが引かない場合は小児科を受診し、薬を処方してもらうと良いでしょう。
軟膏にはステロイド剤が入っているものもあるので、自分で判断しないで、きちんと病院を受診し、処方された薬を使うようにします。
症状を長引かせないほうが赤ちゃんの機嫌も良くなります。

スポンサーリンク