MENU

湿布を使用して皮膚がかぶれた時に使用する市販薬について

スポンサーリンク

患部を冷やす目的で冷湿布という医薬品を使用した場合において、長時間使いすぎると皮膚がかぶれてしまうことがあります。
その場合には別に市販薬を使用して症状を完治させていきますが、どういった薬を使用すれば良いか説明をしていきます。
市販薬とはドラックストアや薬局で販売されている商品であるため、皮膚科で処方される薬のことではないです。
なので得られる効果についても小さくなっていますが、その分気軽に乳出来るという点がメリットです。
主にステロイド成分が配合されている薬を購入することで、患部に発症しているかぶれといった症状を緩和させることが出来ます。
ただこういった成分については、一般の方ではどれを選べば良いか判断出来ないことが多くなっています。
なので効率良く薬を購入するためにも、ドラックストアなどにいる薬剤師に相談をするのも1つの方法となります。

スポンサーリンク

 基本的に長時間湿布を肌に貼り続けてしまうことによって、皮膚や肌に炎症やかぶれが出来てしまうことがあります。
主にステロイド成分が配合されている市販薬を塗ることによって、患部に発症している症状を緩和させることが可能です。
ですがこういった薬を使用する場合の注意点として、ステロイド成分が比較的副作用が大きいことがあります。
得られる効果が強い成分となっていることから、長時間使用すると肌の色が変色してしまうことがあります。
なのであくまでも治療目的として使用する場合には、かぶれの症状が治ったらすぐに中断する心構えが必要となっています。
市販薬は皮膚科で処方される薬と比較をすると、確かに得られる効果については弱くなっています。
ですがそれでも使い続けると皮膚や素肌に悪影響を及ぼすことがあるので、自分の患部の状態を適切に見極めることが大切です。

スポンサーリンク