MENU

アイプチでまぶたがかぶれた場合の治し方

スポンサーリンク

アイプチでまぶたが腫れたりかぶれを起こした時の治し方についてですが、まず最初に行うことはアイプチの使用を止めることです。
自分の肌に合わないものを使用していると、更に悪化するだけなので早く治したければ使用を直ちに止めることが大切です。
また腫れやかぶれを繰り返すと、シワが増えたりと目元の老化を防ぐことが出来ません。
また腫れて熱を持っている場合には、清潔な冷やしたタオルなどで冷やします。
冷やすことにより痒みや腫れがおさまり、治りが早くなるからです。
できるだけ早く冷やしてあげることが大切です。
気になるかぶれや腫れなどは、直接手で触らないように擦るべきです。
手などについた雑菌などで更に炎症が酷くなってしまうからです。
できるだけ触らないようにして、薬を塗る際などは清潔な手で触れるようにすることが大切です。

スポンサーリンク

軽い腫れ等の場合は、市販の薬で対処することが出来ます。
しかし目元で目の中に薬などが入りやすく大変危険な場所と言えます。
できるだけ早く皮膚科に行くことが大切です。
皮膚科では、それぞれの程度に合った塗り薬と保湿剤が処方されるので、注意を守って塗れば早く治すことが出来ます。
薬を塗った後に、保湿が必要なのは角質が剥がれる可能性が高いからです。
皮膚科に行かないで良い程度の場合でも、薬を塗った後には保湿剤を塗っておくことが大切です。
ワセリンなどを塗ってカバーしておくと、早く治るだけでなく綺麗に治すことが出来ます。
アイプチで腫れやかぶれを起こす人は、肌が弱かったりゴムアレルギーなど症状が出ている場合が多いです。
何回もおなじような症状を起こす場合は、どのような成分で作られているのかを見て安全なものを選ぶことが必要です。

スポンサーリンク