MENU

毛虫に刺されたかぶれは放置すると広がるようになります。

スポンサーリンク

山に出かけた時や庭の手入れを行っているときに毛虫に刺されたりすると、刺された場所がひどくかぶれたりします。
その様な症状を毛虫皮膚炎と言います。
毛虫皮膚炎は毒針や毛などが皮膚に刺さることにより罹患します。
罹患の原因は毒針や毛など目には見えない小さなものです。
虫には触れていなくても、葉っぱなどに付着していた毒針や毛に触れるだけで罹患してしまいます。
刺されたり毒針や毛に触れてしまうと、数時間後にピリピリとした痛みや痒みが生じるようになります。
その後、刺された場所が赤く盛り上がった湿疹になり、徐々に周りへと広がるようになります。
赤く盛り上がった湿疹は非常に痒いので、ついつい手で掻いてしまいたくなりますが、皮膚を掻くと毒針や毛がより奥深くまで刺さってしまうので、刺された時はできる限り触らないように注意しましょう。

スポンサーリンク

毛虫に刺されたことに気が付いたら、すぐに応急処置をすることが大切です。
応急処置はガムテープやセロハンテープで患部に付着している毒針や毛を取り除くようにします。
刺された場所の毒針や毛をテープで取り除いた後は、流水で洗い流します。
この際まだ毒針や毛が残っている場合があるので、こすり洗いはせず流水で洗い流すようにします。
流水でしっかりと患部を洗い流したら、氷などで患部を冷やすようにします。
患部を冷やした後はステロイド軟こうを患部に塗っておくようにします。
ステロイド軟こうには症状に合わせていくつかの種類があります。
薬局で購入する際は薬剤師に相談し、毛虫皮膚炎に効果のある種類を購入するようにしましょう。
応急処置が済んだら、皮膚科で適切な治療を受けるようにします。
また毒針や毛が付着している服などはすぐに洗濯し、毒針や毛を洗い流すことを忘れないようにしましょう。

スポンサーリンク