MENU

おしりのかぶれ治療に治療薬とワセリン

スポンサーリンク

乳児やお年寄りのオムツの着用で着用部分が蒸れてしまい、おしりがかぶれたという症例は多いのではないでしょうか。
女性に多いのは生理用品での着用のかぶれです。
特に汗をよくかく夏の暑い時期などは、一度炎症を起こしてしまうと治すのが困難になります。
こういったオムツや生理用品での皮膚トラブルをどう対処していけば良いのでしょう。
一度、皮膚炎を起こすと皮膚のバリアが低下し、炎症のない皮膚を再生するのに時間がかかるものです。
かぶれている箇所に、病院で処方された薬(保湿剤ではなく、炎症を抑える治療薬)を塗り、その上にワセリンという保湿性のあるものを塗ります。
炎症がひどい時は、ワセリンだけでは抑えることができないので、ひとまず治療薬の上に塗るが良いでしょう。
すると、炎症が徐々に軽減されていきます。
そうなった時に保湿性のあるワセリンのみの使用となります。

スポンサーリンク

ワセリンにも様々な種類があります。
柔らかめのものに固めのもの。
チューブタイプのものや固形タイプのものなど、保湿性の高さもそれによって違います。
病院で処方されるものでもいいですし、市販のものでもいいですので、自分に合ったものを見つけて、炎症部分の皮膚の保湿を高め、バリアの再生を早めましょう。
オムツや生理用品からの皮膚トラブル以外にも、冬の乾燥時期にも重宝します。
薄く塗るだけで長時間保湿をキープしてくれますし、皮膚のバリアの低下を防いでくれます。
チューブタイプのものは持ち運びもしやすく便利で、外出先でも塗りやすいです。
ただ、しっとり感や保湿性が高いので塗り過ぎてしまうと、服に着いて取れにくい場合もあるので、薄くのばすように塗るのがオススメです。
炎症を治療薬で抑え、その上からワセリンを塗り、炎症が治まった後は治療薬だけを止め、保湿をきちんとする。
これで、おしりのかぶれや、皮膚トラブルを格段に防ぐことができるのです。

スポンサーリンク