MENU

テープかぶれには軟膏が効果的

スポンサーリンク

傷を処置した時に固定するために医療用テープなどが使われますが、このテープが原因で皮膚にかぶれが起きてしまう場合があります。
その原因には二種類のものがあり、刺激によるものと成分によるものがあります。
刺激によるものとは、テープをはがす時に皮膚の一部が一緒にはがれてしまったり、引っ張って貼っていたことで皮膚が伸ばされて炎症を起こしたり、何度も貼ったりはがしたりを繰り返して、刺激が積み重なって皮膚疾患を起こしたりします。
これは物理的な刺激が原因によるものなので、刺激を与えないようなテープの張り方、はがし方をすれば防ぐことができます。
また、刺激によるかぶれは炎症やかぶれを抑えるタイプの軟膏がおすすめです。
かゆみや腫れなどを鎮めてくれて、患部が治りやすくなります。
市販薬でも充分効果がありますから、肌に合うものを使用しましょう。

スポンサーリンク

もう一つ、アレルギーが原因となるかぶれがあります。
テープには粘着剤や消毒剤などが含まれていて、その成分にアレルギー反応を起こしてしまって、皮膚が赤くなったり湿疹が出たりかぶれたりしてしまいます。
どの成分が原因だか解っている場合には、その成分が含まれているものは使用しないようにして、新しいタイプを購入する時には成分をしっかりと確認してから使うようにしましょう。
また、使用前に小さく切ってパッチテストをすることで、皮膚に異常が出るかどうかを判別することができます。
どの成分か原因が解っていない場合には、病院でアレルギー検査をするのがおすすめです。
今回は軽度な症状だったとしても、次に重篤な症状を起こす危険性もありますから、成分を特定してそれを避けるのが良いでしょう。
また、アレルギーによる皮膚疾患には、ステロイドが含まれた軟膏が良く効きますから、医師や薬剤師に相談してみましょう。

スポンサーリンク