MENU

まぶたのかぶれに効く市販薬

スポンサーリンク

まぶたのかぶれは、肌が敏感な人に起こりやすい症状です。
最近は二重まぶたにするためにアイテープを使用中にかぶれる人も増えています。
痒くなることが多いですが、手でかくとバイ菌が入って症状が悪化する場合がありますので、市販薬を使って治療を行います。
まぶたのかぶれに効く市販薬は、軟膏やクリームタイプのものが多く、かぶれている箇所に塗るだけでかゆみが収まり、2日から3日で完治します。
まぶたに軟膏を塗る時には、ガーゼや脱脂綿に適量をつけて塗る方法が安全です。
指先で塗る時には、石鹸で手をよく洗って指先を清潔にしてから塗るようにします。
市販薬は1000円程度で販売されており、いろいろな皮膚のトラブルに使用できますので、常備薬として備えておくと安心です。
ただし軟膏は虫刺されには効かないものが多いので気をつけます。

スポンサーリンク

まぶたのかぶれの市販薬には、軟膏タイプのものだけでなく、液状タイプのものもあります。
液状タイプの薬は殺菌作用が強いことが特徴で、症状の悪化を防ぐことができます。
湿潤やただれの状態がひどい場合は液状タイプの薬は適切ではないので、皮膚科の病院で治療を受けることが必要です。
液状タイプの薬の使用方法は、ガーゼや脱脂綿に薬を浸透させて、患部に薬を塗って治療をします。
ヒリヒリする場合がありますが、殺菌作用の影響ですので心配はありません。
最近は刺激が少ない液状タイプの薬もありますので、ヒリヒリすることなく治療ができます。
液状タイプの薬を使用する時には、薬が目に入らないように十分に注意をして使用します。
万一、薬が目に入ってしまった時には、水やぬるま湯で目を洗浄することが必要です。
目が腫れるなど症状が重くなった時には、眼科医に行って治療を受けます。

スポンサーリンク