MENU

新生児・乳幼児のおしりのかぶれ対策と治療薬について

スポンサーリンク

おむつをしている新生児・乳幼児のおしりはおしっこやうんちの水分やおむつの密閉性によって蒸れやすい状態となっています。
最近は紙おむつの性能が良くなって通気性がアップしていますが、新生児・乳幼児の皮膚はバリア機能がまだ未熟なのでおむつかぶれを起こしてしまうことがあります。
肌に優しいと言われている布おむつでも、肌質によってはかぶれてしまう場合もあります。
おむつかぶれを起こすと肌が赤くなったりブツブツができてしまう他、かゆみや痛みを感じることもあります。
その結果、不快な感情を上手く伝えられない赤ちゃんが一日中不機嫌になってしまうこともあります。
厄介に感じるおむつかぶれですが、おしりの環境を良好に保ってあげるだけでトラブルを回避することが可能です。
また、万が一赤みやブツブツを見つけても薬で適切に治療してあげることで早めに治り、重症化を防ぐことができます。

スポンサーリンク

一番の対策は、小まめにおむつを交換してあげることです。
少しおしっこをしただけだとおむつがもったいないように感じてしまうこともありますが、気持ちよく過ごせるおしり環境を整える必要経費だと思えばおむつ代はそれ程高いものではありません。
また、余裕があればおむつ交換の際におしり拭きを使うのではなく、シャワーで洗い流してあげる方が予防対策としては効果的です。
おしり拭きを使うよりも肌に優しく、さらにしっかりと汚れを落とすことができます。
おむつかぶれが起こってしまったら医療機関を受診して治療薬を処方してもらい、医師・薬剤師の指示通りに治療薬を使用することで早めに治してあげることができます。
医療機関への受診が難しい場合はドラッグストアで購入することもできます。
また、おむつ交換の際にシャワーで洗い流してあげることは予防対策だけでなく早期改善にも繋がります。

スポンサーリンク