MENU

大人のおしりのかぶれの症状に効く薬

スポンサーリンク

おしりのかぶれは子供に多い症状ですが、大人もおしりがかぶれることがあります。
おしりのかぶれの原因は、汗をかいた状態で長時間椅子に座ると発症するケースが多いです。
汗をかいた状態で長時間座っていると、下着で熱がこもり蒸れてしまいます。
汗かきの人は、時々トイレなどに行ってタオルで汗を拭くようにすると予防することができます。
下着は通気性の良いものを選んで着用することが大事です。
下着の素材によっても痒くなる場合があり、洗濯に使用する洗剤によっても痒くなります。
下着はできるだけ刺激の少ない天然の素材のものを着用し、洗濯をする時には十分にすすぎを行って、洗剤を完全に洗い流すことが大切です。
女性の場合は生理用品によっても痒くなることがありますので、頻繁に取り替えるなどして対処します。
ほとんどの症状は軟膏などの薬を塗ると治ります。

スポンサーリンク

大人のおしりのかぶれを治療する薬は、ドラッグストアなどで購入することができます。
製薬会社からいろいろな種類の軟膏やクリームが販売されていますので、症状に応じて適切なものを選んで使用します。
商品の選定に迷った時には、薬剤師や登録販売者に相談すると、適切な軟膏やクリームを紹介してもらえます。
症状がひどい場合には、皮膚科の病院に行くと治療が受けられます。
皮膚科での治療は薬物療法によって行われます。
おしりのかぶれの軟膏の使用方法は、汗を拭いて清潔にしてから患部に塗ります。
入浴後に使用するのが最適ですので、お風呂から上がってから、清潔なタオルでよく拭いて軟膏を塗ります。
数日ほど軟膏を塗ると治りますが、軟膏を塗っている時も常に清潔にしておくことが大切ですので、蒸れないように清潔な状態を保つようにします。

スポンサーリンク