MENU

目の周りやまぶたがかぶれる原因とは

スポンサーリンク

目の周りやまぶたがかぶれる原因は様々です。
アレルギーを発症するようなものに手が触れたことにより、その手で目の周りやまぶたを触れば、当然、かぶれてしまうことになります。
このような状態になる前に、何に触れたのか、その点を思い返してみることで原因を知ることができるはずです。
虫や樹木、草花などに触れると、アレルギー症状を起こしてしまうことがあります。
自身がどんなアレルギーを持っているのか、アレルギー検査を事前にしておくと安心です。
花粉症の人の場合、スギ花粉が主なアレルギーとなることから、当然、杉には近づかないようにすることをお勧めします。
触れた手そのものは腫れたり痒くなったりしないにもかかわらず、なぜ、目の周りやまぶただけがかぶれてしまうのかというと、これらの部分は皮膚は薄く弱いからです。
だからこそ、あまり触れないようにすることが大事です。

スポンサーリンク

目の周りやまぶたがかぶれてしまった場合には、少し冷やすと症状が落ち着いてくることがあります。
原因が分かっている場合には、それを遠ざけることが第一です。
その後に冷やすようにします。
あまりにも症状がおさまらないようであれば、眼科や皮膚科を受診することをお勧めします。
特に、子どもは痒みや痛みなどを我慢できにくいことから、何度も患部を触ってしまいがちです。
そうなると、どんどん症状が悪化してしまいます。
早急に相応の科を受診することが大事です。
塗り薬や飲み薬を処方されることがあります。
薬によってすぐに症状は緩和されていきます。
問題は患部を触ることによって眼球を傷つけてしまったり、皮膚を傷つけてしまったりすることです。
このような状態にならないようにするためにも、慌てずに原因をまずは知ることが重要となってきます。

スポンサーリンク