MENU

かぶれの症状がでたら温めるよりも冷やす

スポンサーリンク

かぶれになってしまった場合、薬を使う以外に簡単に治療できる方法として冷やすとよいです。
氷を直接つけるのではなく、タオルなどを使って冷やしすぎないように気をつけるとよいです。
かぶれは、化学薬品などの接触によってできてしまうものですので、かぶれになってしまう可能性があるものに触れないということも忘れないようにしておくとよいです。
冷やすことで治る可能性があるものは、症状として軽いケースが多いです。
気づいてから短時間しか経っていないのであれば、すぐに冷やすことで症状がひどくなることを防ぐことができます。
人によって症状が出るかどうか個人差があるので、触れたものについて覚えておくとよいです。
極力触れないようにすれば、皮膚に異常がおきることはありません。
症状がひどい場合は、病院に行き診てもらうことも忘れてはいけません。
薬が必要になるケースもあります。

スポンサーリンク

かぶれを温める必要はほぼないといえます。
かぶれが起きているということは、炎症になっていることも多いです。
炎症がおきている状態で温めてしまうと、より悪化させてしまうので冷やす方法に切り替えるとよいです。
炎症が起きているかどうかは、見ることによって分かります。
赤く腫れていたりかゆみや痛みが起きていれば、炎症が起きているといえます。
温めようとはせずに、冷たいものを当てておくとよいです。
温めてしまうと、かゆみを増幅させる可能性もあります。
皮膚をかいてしまいやすくなり、症状を悪化させる原因になることもあります。
抵抗力が弱い子供であれば、放置しておくとかきむしってしまうこともあるので定期的に冷やしてあげるとよいです。
間違えても温めることだけはしないほうがいいです。
肌の状態が改善する可能性は低いです。
症状が改善しないのであれば早めに医師に相談してみるとよいです。

スポンサーリンク