MENU

漆によるかぶれの治療法等について

スポンサーリンク

 人間が触れる事でかぶれを起こす樹木として有名なものに、漆という樹木があります。
日本の伝統工芸である漆塗りにも活用される樹木なのですが、肌に触れる事でかぶれの症状を起こしてしまう人がいます。
このかぶれの原因となっているのがウルシオールと呼ばれる成分で、この成分の作用によって様々な症状が出るのです。
ちなみにこのウルシオールは果物のマンゴーにも含まれているので、マンゴーで症状が出る人もいます。
 具体的な症状としては、漆に触れた皮膚に赤みを伴った湿疹が出来て、それに合わせて痒みが発生します。
この痒みは時間を追うごとに強さを増していきますが、だいたい数日程度で落ち着く事が多いです。
全体的に症状が落ち着くまでには、数週間を必要とするのが一般的だとされています。
ただ、早めに病院を受診して適切な治療を受ければ、もっと早く治す事も可能です。

スポンサーリンク

 漆によるかぶれは強い痒みを伴うのが特徴で、人によっては夜も眠れないほどになります。
軽度であれば自然に治るのを待つという方法もありますが、軽度以上の症状ならば病院を受診する事も大切です。
 病院における具体的な治療法としては、外用薬や内服薬を用いるのが一般的な方法になります。
外用薬ではステロイド剤、内服薬では抗ヒスタミン剤を処方される事が多いです。
速やかに治療を開始すれば痒みが落ち着くのも早く、全体の症状も1〜2週間程度で落ち着きます。
 漆によるかぶれを予防する方法としては、原因となる樹木に近付かない事が一番大切になります。
どうしても近付く必要がある場合には長袖・長ズボンの着用、手袋の装着等で肌の露出を控える事が重要です。
 この疾患は経験がないと速やかに判断するのは難しく、治療が遅れる可能性もあります。
そのため普段から発症するとどんな症状が出るか等を、知識として身に付けておくのが理想的です。

スポンサーリンク