MENU

テープかぶれが原因となっている時に使用する塗り薬について

スポンサーリンク

手に切り傷などをした場合において絆創膏などを貼ることがありますが、それを長時間使用しているとテープによるかぶれが発生することがあります。
そういった場合には皮膚が損傷したり剥がれてしまうことがあるので、塗り薬を使用することでケアが可能です。
ただどんな塗り薬でも良いというわけではなく、主に保湿効果の高い医薬品を使っていきます。
一般的にドラックストアで保湿剤として販売されているものであれば、こういったテープかぶれに対して効果が得られやすいです。
販売数についても比較的多い商品であるため、品薄になっていたり品切れというケースもほとんどないのがポイントです。
さらに値段についても千円前後で購入出来ることが多いため、非常にリーズナブルに買うことが出来ます。
また保湿効果が高い塗り薬の場合には、肌に与える刺激物などもあまり配合されていないことも特徴となります。

スポンサーリンク

 一般的に絆創膏などが原因となって発生するテープかぶれの対処法として、保湿効果に優れている塗り薬を患部に塗っていきます。
そうすることで比較的早く症状が完治しやすくなりますが、同時に知っておくと便利な豆知識を紹介します。
主に長時間絆創膏などを貼り続けることによって、こういったテープかぶれが発生しやすくなります。
なので切り傷などをした場合に絆創膏を貼った時には、数時間経過したら一度剥がした方が皮膚には良いです。
数時間といった短い時間であれば、皮膚に絆創膏などのテープを多く付着しないのでかぶれも発生しにくくなります。
ですが半日前後やそれ以上付けてしまうと、逆に成分が皮膚に付着しやすくなってしまいます。
そうなると剥がす時に皮膚を傷つけてしまう可能性も高くなるので、長時間の使用は出来るだけしない方が良いです。

スポンサーリンク