MENU

治らない頭皮のかぶれについて

スポンサーリンク

頭皮が痒く、かきむしってしまうほどのかぶれの症状が治らない場合は、何らかの物質にアレルギーを起こしている可能性があります。

 

頭皮は毎日のシャンプーやリンス、整髪料など、様々な化学物質を配合した化粧品に接触しています。

 

当たり前のように使用しているシャンプーやリンスなどに、肌に合わない成分が配合されていた場合、アレルギーを起こしてしまい、かぶれの症状が出るケースがあります。

 

毎日薬を塗っていても、原因となる化粧品を使用している場合は治らないといった場合もありますので、頭皮のかぶれが治らない場合は、原因を探すことで、症状がおさまる可能性が期待できるメリットがあります。

 

頭の皮膚が痒くて仕方ない場合、ゴシゴシこすってしまう洗髪より、洗浄力のおだやかなシャンプーで優しい洗髪が推奨されています。

 

すすぎをしっかり行いシャンプーやリンスを良く落とすことも大切と言われています。

スポンサーリンク

頭皮のかぶれが治らない場合、化粧品による接触性皮膚炎以外に考えられるのは、自分の出す皮脂にかぶれているケースです。

 

頭皮は非常に皮脂の分泌量が多く、そこにマラセチア・フルフルと呼ばれるカビの一種が異常繁殖することで、フケやかゆみの原因になるとも言われています。

 

脂漏性湿疹は皮脂が多い人に出やすい皮膚炎ですが、頭の皮膚に症状が出ることもあります。

 

脂漏性湿疹かどうかは、皮膚科を受診することで判明します。

 

頭にかゆみのある湿疹ができてなかなか治らない場合は、自分の皮脂が原因であることもありますので、疑わしい場合は皮膚科を受診してみてはいかがでしょうか。

 

脂漏性湿疹だった場合は、抗真菌剤入りのシャンプーや外用剤が処方され、カビに対処する治療が行われます。

 

不規則な生活が原因となる場合もあり、生活指導が行われるクリニックもあります。

スポンサーリンク