MENU

まぶたがかぶれた時には皮膚科を眼科のどちらを受診すれば良いか

スポンサーリンク

誤った化粧品の使用方法やスキンケアなどを行うことによって、目の上のまぶたにかぶれが出来てしまうケースがあります。
効果ある治し方として病院またはクリニックを受診することですが、その際に皮膚科と眼科のどちらを利用するか迷うことがあります。
これは結果的にはどちらでも問題ないため、自宅の近くにある皮膚科もしくは眼科を受診していけば大丈夫です。
まぶたのかぶれという症状については、一見すると皮膚病という印象を受けることが多いです。
しかしその一方で目に発生する症状となっているので、一概にも皮膚科だけで治療を行っているわけではないです。
眼科というと視力検査やコンタクトの作成などが中心と思われていますが、こういった症状に関する治療も行っています。
なのでどちらか片方を受診して、そこで対処してくれなかった場合にもう片方のクリニックを利用すると便利です。

スポンサーリンク

 まぶたにかぶれが出来た時のクリニック選びの基準として、通常であれば皮膚科か眼科のどちらか片方を利用すれば大丈夫です。
そこでこれらのクリニックを受診する際のポイントとして、今まで使用していた化粧品は使わない方が良いです。
こういった症状が起こる原因として、今までスキンケアとして使っていた化粧品が要因となっていることがあります。
そうなった場合において症状がさらに悪化する可能性があるため、医療機関での治療期間中においては使用は控えた方が良いです。
なので治療期間中においては、医療機関で肌に刺激の少ない保湿剤を処方してもらうのが効果的です。
特に皮膚科では皮膚病の専門クリニックとなっているので、こういった薬を多数扱っているのが特徴です。
なお肌に合わない化粧品を使用し続けることで、同様にまぶたの上にかぶれが発生することがあるので注意が必要です。

スポンサーリンク