MENU

湿布薬でかぶれた場合の治し方と購入の際の注意点

スポンサーリンク

筋肉痛の場合などに、湿布薬はとても便利なのですが、人によってはかぶれてかゆくなってしまうということもあります。
またかぶれとまでは行かなくても、赤くなってしまうということもあるでしょう。
元々湿布薬は、製品によっては唐辛子エキスを含んだりしている物もあり、刺激になるケースもあるのです。
特に皮膚の薄い人、敏感な人は、必ず使用前に汗を拭き、自分の肌に合った物を使って、入浴直後に貼るのは避けるようにしましょう。
しかしそれでもかぶれたり、赤くなってしまったりすることもあります。
この時はどのような治し方が効果があるのでしょうか。
その時はステロイド軟膏がお勧めです。
病院で出してもらうこともできますし、もちろん薬局で手に入れることも可能です。
薬局で購入する場合は、まず薬剤師と相談し、その時の症状に合った物を購入するのがお勧めです。

スポンサーリンク

また一口にステロイド剤といっても、症状によって違ってきます。
かゆみに強いタイプと、ただれや炎症に強いタイプとではまた違ってきますので、どのような症状であるのかを伝えるようにしましょう。
それから湿布剤を使う時は、貼るタイプだけではなく、塗るタイプやスプレーなどを試してみるのもいいでしょう。
またテープ状の物もありますので、そういった物を使ってみるのもお勧めです。
貼るタイプを長時間使うと、その分刺激になりやすいからです。
また、市販の物を使っている場合は、一度病院にかかって、肌に合う物を処方してもらった方がいいかもしれません。
それから妊娠している人、喘息のある人が市販の物を使う場合は、商品によっては体によくない、あるいは持病を悪化させる成分が使われている物もありますので、購入の際には必ず相談するようにしましょう。

スポンサーリンク