MENU

皮膚のかぶれ治し方について

スポンサーリンク

湿疹とは、皮膚に炎症を起こす病気の総称です。
かぶれは正式には(接触皮膚炎)と呼ばれ湿疹の中でも外部からの刺激によることがはっきりしている場合をいいます。
湿疹、かぶれの原因ですが、皮膚のブツブツ、赤み、水ぶくれが代表的な皮膚のトラブルで、猛烈なかゆみや痛みを伴うものもあり、なかなかやっかいです。
これらはかぶれの原因がはっきりしたものから原因不明のもの他の病気が潜んでいるケースまでさまざまです。
直接人の目で解る部分なので早めに対処します。
皮膚は薄い一枚の皮のように見えますが、表皮、真皮、皮下組織の3つの層からできています。
一番外側の表皮は日光(紫外線)、ほこり、細菌、ウイルスから体を直接保護しています。
真皮には汗腺や血管などが走り弾力を与えています。
皮下組織は皮下脂肪で体を守ります。
つまり、バリアの働きをしています。
次に治し方をいいます。

スポンサーリンク

軽い湿疹、原因が分かってる場合はセルフケアできますが、まれに病気の症状の一つとして現れるケースもあります。
セルフケアできるケース、専門医を受診した方がいいケースがあります。
急に症状が出たかゆみ、かゆみやかぶれもひどい場合は専門医を受診します。
スキンケアを大切にし、肌を清潔にしてかかないこと、せっけんなどは低刺激のものを選びます。
治し方ですが、急激に赤く腫れたり、痛かったりするとき、まず、安静を心がけ赤く腫れて熱を持っている場合は氷や氷のうで冷やします。
また、腕や脚に湿疹が起きた場合は念のため一時的な腫れなどおさまるまで心臓より高く固定し、かゆみや炎症をおさえる薬を清潔な手で塗ります。
長時間の入浴は避けるか、軽くシャワー程度にしておきます。
また、漆や化粧品などでかぶれた場合は水ですぐ患部を洗い流します。

スポンサーリンク